セサミンのすべて

前へ
次へ

セサミンの老化防止効果

老化の原因である活性酸素とは

活性酸素は老化の原因物質といわれています。
簡潔にいうと、活性酸素は体の細胞を酸化させてしまいます。金属が酸化により錆びて朽ちるように、人間の細胞もまた酸化により老化してしまうのです。

「酸化することは老化する事と同義である」といわれるほど活性酸素による酸化と老化には深い関わりがあります。

活性酸素による酸化は肌や血管、心臓とあらゆるところに影響を及ぼします。
そして、皮膚のしわや白髪の増加など、見た目の老化現象だけでなく、認知症や関節炎や白内障なども引き起こします。

また、活性酸素の増加は動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病を引き起こす原因ともなります。

セサミンは、その老化の原因物質である活性酸素を除去ことで、老化防止効果を発揮してくれるのです。

セサミンの抗酸化作用

抗酸化作用とは、文字通り酸化に抗う作用のことです。
活性酸素を除去することで細胞の酸化、つまりは細胞の老化を防止してくれる作用のことです。

セサミンの主原料であるゴマで出来たゴマ油が、他の食用油と比較して酸化しづらいという性質も、この抗酸化作用によるものです。

老化の原因物質である活性酸素のうち、実に80%が肝臓内で発生します。
セサミンは胃で分解されずに、肝臓へ直接届きます。肝臓に到達してから抗酸化物質へと変化する性質をセサミンは持っているのです。

その性質により、活性酸素のたまりやすい肝臓内で抗酸化作用を発揮するため、非常に効率よく活性酸素を除去し、細胞の酸化を防止すると共に体の老化を防止してくれるのです。

抗酸化作用をもつ食品はセサミン以外にも存在しますが、肝臓で直接作用するという性質をもっているセサミンは、それらの食品をしのぐ高い抗酸化作用をもっているのです。

また、セサミンは高い美容効果ももっていますので、内側だけでなく見た目にも老化を防止する効果を発揮してくれます。
さらには髪の毛を健康に美しく保つ効果もあるため、加齢により増える白髪や抜け毛などの悩みも合わせて改善してくれます。

セサミンを効率よく摂取して老化防止

高い老化防止効果を持つセサミンですが、効率のよい摂取により老化防止効果はより高まります。

セサミンの主原料はゴマですが、ゴマだけでセサミンの一日推奨量を摂取するのはあまり現実的ではありません。

セサミンを凝縮させたサプリメントによる摂取が効率のよい方法といえるでしょう。サプリメントであれば手軽さから、継続的な摂取も容易となるでしょう。

ビタミンEやEPAを一緒に摂取することで、セサミンの吸収力を高めるという方法もありますので、それらのサプリメントと併用することで、さらなる効果を期待できるでしょう。

セサミンのサプリメントによる老化防止の健康習慣、あなたの生活に取り入れてみてはいかがでしょう。

ページのトップへ戻る