セサミンのすべて

前へ
次へ

セサミンと活性酸素

活性酸素とは何なのか

活性酸素の働き

活性酸素は、酸素を利用して体内で代謝が行われる際に自然発生する物質です。
つまり、酸素を吸うことで必ず発生する物質なのです。
呼吸により取り入れた酸素の、約2%が活性酸素となって体の中で働きます。

強力な酸化力をもつ活性酸素は体に必要可決な物質です。
活性酸素には、その強力な酸化力により体内に侵入した細菌類や毒素を駆除するという重要な役割があります。

また、酸素の働きを促進するという役割もあり、殺菌や解毒と共に細胞の健康を維持してくれるという重要な物質なのです。

体に与える悪影響

活性酸素は体に必要不可欠な物質ですが、増えすぎることで体に悪影響も与えてしまいます。
殺菌や解毒に利用される強力な酸化力が、健康な細胞をも酸化させて傷つけてしまうのです。

酸化というのは、金属でいうと錆びてしまった状態のことです。金属が酸化により錆びるように細胞もまた酸化によりダメージを受け、様々な悪影響を体に及ぼします。

老化、シミ、ソバカス、さらには動脈硬化や糖尿病、がんなどの深刻な病気の原因にもなるといわれています。

セサミンの抗酸化作用と活性酸素

セサミンには、そんな活性酸素を除去する効果をもつ強力な抗酸化作用があります。
抗酸化作用は増えすぎた活性酸素を除去することで、細胞が傷つくのを防ぎます。
それにより活性酸素が体に及ぼす悪影響である老化を防ぐと共に、様々な病気を予防してくれるのです。

活性酸素が最も発生しやすい場所は肝臓です。
抗酸化作用をもつ食品はセサミン以外にもありますが、セサミンは肝臓まで安定してしっかり届くという特性があるため特に強力に抗酸化作用を発揮してくれます。

体には必要不可欠ですが、増えすぎてしまうと悪影響を及ぼす活性酸素。
セサミンの抗酸化作用は、その活性酸素のバランスを整えることで老化防止をはじめ優れた健康効果を発揮してくれるのです。

ページのトップへ戻る