セサミンのすべて

前へ
次へ

セサミンの摂取上限

優れた栄養成分で、様々な健康効果をもたらしてくれるセサミンですが、一日にどの程度の量を摂取すればその健康効果を発揮してくれるのでしょうか。

食事で摂取する場合は、ゴマを食べることでセサミンを摂り入れるのが効率の良い方法といえます。

セサミンの一日の推奨量は10mgとなっています。
しかし、ゴマだけでセサミンの推奨量を摂取しようと思うと、実に3000粒ものゴマを食べなくてはなりません。
しかも、セサミンは体の中に蓄積されないという性質をもっているので、毎日欠かさずに摂取する必要があります。

ゴマ3000粒を毎日摂取するのはさすがに難しいでしょう。
ゴマは殻に包まれていますので、栄養成分の吸収率は決して高くはありません。
すりゴマにして吸収効率を上げるという方法もありますが、それでもゴマだけでセサミンの一日の推奨量を摂取するのは難しいでしょう。

そして、ゴマ油を想像していただければ解るとおり、ゴマには脂質が豊富に含まれています。ゴマの主成分の約50%は脂質です、食べ過ぎてしまっては肥満の原因となってしまいます。

手軽にセサミンの推奨量を摂取するにはサプリメントがオススメです。
サプリメントであればセサミンの推奨量である一日10mgを容易に摂取することが可能です。
製品によりますが、一日に三回ほど錠剤を飲むだけでクリアできます。

それだけ手軽に飲めてしまうと、推奨量以上の量を摂取することも可能です。
ちなみに、セサミンの摂取上限というのは具体的には定められていません。しかし余分に摂取したセサミンは吸収されることなくからだの外へ排出されてしまいます。

具体的に定められていないとはいえ、やはり一日に10mg前後という量を守るのが懸命な判断といえるでしょう。

また、サプリメントの過剰摂取は余分に摂った栄養成分が吸収されないどころか、思わぬ副作用を引き起こしてしまう可能性もあります。

推奨量を超えるほどの量を摂り入れることよりも、用法用量を守りながら、継続的に摂取することが最も効率の良い方法です。

上限云々よりも、推奨量のセサミンを継続的に摂取することを習慣づけて、効率の良い健康習慣を過ごしましょう。

ページのトップへ戻る